健康づくり研修会

宮城県理学療法士会 理事 阿部 功
●開催場所 女川町、亘理町、気仙沼市、七ヶ浜町、蔵王町

今年度は、理学療法士会の阿部功氏を講師に迎え、フレイルの講義とフレイル予防の体操を取り入れた健康づくり研修会を県内市町村6ヶ所で開催しました。今後開催希望の市町村は、事務局まで申込み願います。
研修会は、コロナによりフレイルの懸念が深まっていることからはじまり、「あなたはフレイル?」歩く速度の目安は、5メートルを5秒以上かかると、フレイルの可能性があり、全員が歩行速度を計って見ました。普段より早く歩く会員には、周りから「いつもより早くねえか!」の声がかかります。
二重課題でのステップしながら3の倍数で拍手は、大きくずれた拍手も聞こえますが、元気よく声をだし取り組みました。
講義は、栄養も大事と1日に体重1キログラムあたり1グラム以上のたんぱく質の摂取が望ましいこと、お口のフレイルチェックや社会参加の割合が高い地域ほどフレイルになりにくいなど、人との交流は週1回未満から健康リスクが高いこと、筋肉量の低下によるサルコペニアを防ぐことなど、運動を交えながら、楽しく研修会を終えました。



This entry was posted in 活動報告. Bookmark the permalink.

Comments are closed.