平成30年度 健康づくり支援事業

今年度で16年目を迎えた健康づくり研修会である。7会場では、多くの参加者を迎えて活気のある研修会となった。
今年度より、東北福祉大学准教授齋藤昌宏先生に依頼し、午前の健康講座では齋藤先生より、健康や予防をテーマに講義を受け、午後は健康指導士の先生による指導のもと、タオルを使ったストレッチングや、椅子に座ったままでできるストレッチングを実施した。
内容については、講師資料『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』により、健康な身体をつくるためのポイントや、介護予防等のお話があり、楽しく受講することができたようである。
午前の講義を踏まえて、午後は正しいストレッチングの仕方、フェイスタオルを使った軽い運動等をおこない、先生や学生と一緒に指導を受けることで、より理解力が増した。若い学生との世代を超えた交流も高齢者には楽しい時間であり、どの会員も元気な姿と友好の絆を示すことができた研修となった。

kenko-dukuri_H29_1

kenko-dukuri_H29_2

開 催 内 容
栗原地区 8月27日(月)10:30~15:15
栗原市花山石楠花センター/87名
講 義/『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』
講 師/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
実技指導
指 導/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
助 手/東北福祉大学 学生4名
大崎地区 8月28日(火)10:30~15:15
大崎市古川武道館/43名
講 義/『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』
講 師/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
実技指導
指 導/健康指導士 沢田ますみ 先生
助 手/東北福祉大学 学生4名
登米地区 8月30日(木)10:30~15:15
登米市豊里公民館/100名
講 義/『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』
講 師/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
実技指導
指 導/健康指導員 佐藤智春 先生
助 手/東北福祉大学 学生4名
気仙沼・本吉地区 8月31日(金)10:30~15:15
気仙沼市市民福祉センター「やすらぎ」/99名
講 義/『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』
講 師/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
実技指導
指 導/健康指導士 石川真理子 先生
助 手/佐藤早智子 先生  東北福祉大学 学生1名
仙台地区 9月3日(月)10:30~15:15
石田沢防災センター/85名
講 義/『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』
講 師/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
実技指導
指 導/健康指導士 澁谷祐子 先生
助 手/東北福祉大学 学生4名
石巻地区 9月5日(水)10:30~15:15
女川町総合体育館/107名
講 義/『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』
講 師/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
実技指導
指 導/健康指導士 沢田ますみ 先生
助 手/東北福祉大学 学生4名
仙南地区 9月6日(木)10:30~15:15
蔵王町ふるさと文化会館「ございんホール」/74名
講 義/『伸ばそう健康寿命~介護予防とロコモティブシンドロームのお話~』
講 師/東北福祉大学 准教授 齋藤昌宏 先生
実技指導
指 導/健康指導士 長田めぐみ 先生
助 手/東北福祉大学 学生4名

総参加者数=595名

This entry was posted in 催し物のお知らせ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.